利用規約

■第1条(SERUSAPOについて)
SERUSAPO(セルサポ)は、セルサポ委員会運営事務局(以下当委員会とする。)が運営するサービス及びそれに付随する一切のサ―ビスの総称です。

 

■第2条(登録者について)
1、登録者とは、SERUSAPOのホームページから、登録申請に関しての必要事項を入力し登録の申し込みをし、当委員会が承認した人を指します。
2、ご登録前に、SERUSAPOのホームページで内容の確認と規約を確認の上で登録して下さい。
3、登録者は、本規約の内容をすべて承認したものとみなします。

 

■第3条(規約の遵守義務)
SERUSAPOに登録した登録者は本規約を遵守する義務を負うものとします。

 

■第4条(提供するサービス内容)
1、SERUSAPOは、登録者に紹介は一切行いません。当委員会は情報提供のみを行うものとします。
2、SERUSAPOは、提供するサービスとして当委員会の提携会社による求人情報等を提供致します。

 

■第5条(登録期間)
ご登録の期間は1ヵ月間とします。但し登録内容の変更を行った場合は変更日より1ヵ月間とします。

 

■第6条(登録抹消)
1、登録者からの抹消依頼が合った場合
2、・SERUSAPOは以下に該当する場合は抹消する権利を有します
   ・第5条の登録期間1ヵ月間が満了した場合
   ・登録内容に虚偽の事実が判明した場合
   ・審査の結果、不適切な内容があった場合や勤務先での勤怠等の問題が判明し家政婦として不適切と判断した場合

 ・雇用主として問題が判明し不適切と判断した場合
3、以上の前項に関し催告を要せず、登録を抹消することができます。

 

■第7条(禁止事項)
1、虚偽の情報を登録する事

2、同一人物による複数登録
2、SERUSAPOが提供するサービス以外の目的で使用する事
3、SERUSAPOの運営の妨げとなる一切の行為
4、法令に反する一切の行為
 
■第8条(免責事項)
SERUSAPOの登録において登録者が受ける一切の損害について、当委員会は一切の責任を免れるものとします。

 

■第9条(損害賠償)
登録者が、本規約に違反し、当委員会に対し損害を与えた場合、登録者は、当委員会に対し、損害賠償義務を負担します。

 

■第10条(個人情報について)
当委員会は、業務上収集した登録者の許可なく第3者に公開することはありません。但し、登録の際に記入した内容に関してはSERUSAPOは一切の加工をすることなく公開し、登録者はそのことに関し承諾したものとみなします。
  
■第11条(サービスの変更)
当委員会は、その運営を良好に保つため、事前の通知なく、登録者向けサービスを変更又は一時的な中断をすることがあります。

 

■第12条(規約変更)
当委員会は本規約を登録者の承諾を得ることなく、随時変更することができます。

 

■第13条(準拠法、管轄裁判所)
本規約の準拠法は日本法とします。また、サービスまたは本規約に関連して当委員会と登録申請者、登録家政婦の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

 

■第14条(子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドライン)

1、家政婦の中で特に子どもの面倒をみることを仕事内容に含める方は以下の事項を特に遵守する必要があります。

・雇い主と事前に面接を行ってください。

・氏名、住所、連絡先を雇い主に伝えるとともに、身分証明書及び都道府県知事 等への届出を証明する書類を雇い主に示してください。

・乳幼児の自宅とは別の場所で保育する場合は、事前に保育場所を見学等させてください。

・保育士や認定ベビーシッター等の資格を持っている場合は、保育士証や認定ベビーシッター資格登録証等を雇い主に提示してください。

・研修の受講状況等を雇い主に示してください。

・賠償責任保険に加入するなど、保育中の万が一の事故に備えてください。

・預かっている間も利用者の求めに応じて、乳幼児の様子を電話やメールで伝えてください。

・乳幼児の体調が急変するなどの緊急事態が生じた際に、雇い主にすぐに連絡す るとともに、救急車を呼ぶなど適切な対応をとってください。また、事故の発生状況等について、都道府県等へ報告をしてください。

・預かっている乳幼児の引き渡しをする際、保育の内容や預かっている間の子どもの様子を書面等により報告してください。

2、雇い主の中で特に家政婦に子どもの面倒をみてもらうことを仕事内容に含める方は以下の事項を特に遵守する必要があります。

・家政婦と事前に面接を行ってください。

・家政婦の氏名、住所、連絡先を聞くとともに、身分証明書及び都道府県知事等 への届出を証明する書類を確認してください。 

・自宅とは別の場所で保育を受ける場合は、事前に保育場所を見学等してください。

・家政婦が、保育士や認定ベビーシッター等の資格を持っている場合は、保育士証や認定ベビーシッター資格登録証等を確認してください。

・家政婦の研修の受講状況等を確認してください。

・家政婦が賠償責任保険に加入するなど、保育中の万が一の事故に備えているかを確認してください。

・求めに応じて、預かっている間の乳幼児の様子を電話やメールで報告することについて確認してください。

・乳幼児の体調が急変するなどの緊急事態が生じた際の連絡方法等について、確認してください。

・乳幼児の引き渡しを受ける際、保育の内容や預けている間の子どもの様子の報告を書面等により受けてください。