子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドライン

概要

厚生労働省からの要請により、家政婦さんの中で特に子どもの面倒をみることを仕事内容に含める方、雇い主さんの中で特に家政婦さんに子どもの面倒をみてもらうことを仕事内容に含めている方を対象に本ガイドラインを作成いたしました。


家政婦さんに関して

(1)雇い主さんと事前に面接を行ってください。

(2)氏名、住所、連絡先を雇い主さんに伝えるとともに、身分証明書及び都道府県知事 等への届出を証明する書類を雇い主さんに示してください。

(3)乳幼児の自宅とは別の場所で保育する場合は、事前に保育場所を見学等させてください。

(4)保育士や認定ベビーシッター等の資格を持っている場合は、保育士証や認定ベビーシッター資格登録証等を雇い主さんに提示してください。

(注)認定ベビーシッターとは、ベビーシッターとして必要な職業倫理を備え、専門知識・ 技術を有し、さらにそれに基づく実務経験を有している者であり、かつ、公益社団法人全国保育サービス協会が実施する認定試験に合格している者です。

(5)研修の受講状況等を雇い主さんに示してください。

(6)賠償責任保険に加入するなど、保育中の万が一の事故に備えてください。

(7)預かっている間も利用者の求めに応じて、乳幼児の様子を電話やメールで伝え てください。

(8)乳幼児の体調が急変するなどの緊急事態が生じた際に、雇い主さんにすぐに連絡す るとともに、救急車を呼ぶなど適切な対応をとってください。また、事故の発生状況等について、都道府県等へ報告が必要となります。

(9)預かっている乳幼児の引き渡しをする際、保育の内容や預かっている間の子どもの様子を書面等により報告してください。

雇い主さんに関して

(1)家政婦さんと事前に面接を行ってください。

(2)家政婦さんの氏名、住所、連絡先を聞くとともに、身分証明書及び都道府県知事等 への届出を証明する書類を確認してください。 

(3)自宅とは別の場所で保育を受ける場合は、事前に保育場所を見学等してください。

(4)家政婦さんが、保育士や認定ベビーシッター等の資格を持っている場合は、保育士証や認定ベビーシッター資格登録証等を確認してください。

(注)認定ベビーシッターとは、ベビーシッターとして必要な職業倫理を備え、専門知識・ 技術を有し、さらにそれに基づく実務経験を有している者であり、かつ、公益社団法人 全国保育サービス協会が実施する認定試験に合格している者です。

(5)家政婦さんの研修の受講状況等を確認してください。 (6)家政婦さんが賠償責任保険に加入するなど、保育中の万が一の事故に備えているか を確認してください。

(7)求めに応じて、預かっている間の乳幼児の様子を電話やメールで報告すること について確認してください。

(8)乳幼児の体調が急変するなどの緊急事態が生じた際の連絡方法等について、確認してください。

(9)乳幼児の引き渡しを受ける際、保育の内容や預けている間の子どもの様子の報告を書面等により受けてください。



証明書の提出

特に家政婦さんの中で子どもの面倒をみることを仕事内容に含める方で雇い主さんを募集する方は以下の書類の画像を添付して送信してください。

1.都道府県、指定都市、中核市への届け出の写し

2. 研修を受講したことを証明する書類(研修修了証等)

3.身分証明書(健康保険証、運転免許証等)

 

尚、子供の面倒をみることを仕事内容に含める方に関しこれらの書類の確認ができない場合は掲載をさせていただくことはできませんので、ご了承ください。


家政婦のSERUSAPO ガイドライン遵守状況

当サイトにおける厚生労働省が策定した子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドラインの遵守状況は下記のとおりです。

  項目 適否 備考
特に子どもの面倒を見ることを仕事内容とする家政婦のマッチングサイトへの登録 雇い主を募集する場合のみ登録が必要です。
複数登録の禁止  
相談窓口の設置 お問い合わせ窓口にて対応いたします。
トラブル解決のための措置 基本的に当事者間での解決を推奨しておりますが、困難な場合には適切な機関への案内をすることとしております。
利用規約  
届出制度の導入、利用規約、ガイドラインの周知  
 7 個人情報の管理