家政婦を雇う際の【料金の相場】と【契約の種類】

家政婦を雇うということ

家政婦を雇う上で気になるのはいくらくらい払えばいいのかということですよね。

できるだけ低価格に抑えたいという気持ちはあるけれども、そのせいで安全性に影響があるならある程度高くても仕方はないという方も少なくないのではないでしょうか。

 

家政婦市場は現在年間600億円規模であると推定されています。今後も年々家政婦市場は拡大していき、家政婦がもっと身近な存在になるということはよく言われています。

 

だからこそ家政婦を雇う際の料金の相場を頭に入れて置くことは有用なことであるといえます。


家政婦の相場

以下は家政婦を雇う際の料金の相場です。基本的に首都圏であるほど求められる時給が高く、地方であれば比較して求められる時給は低いことが多いです。また、経験豊富な家政婦の方が高い傾向にあります。

 

1時間当たりの料金

・都市部 : 1,500~3,000円

・地方 : 800~2,500円

 

経験豊富な家政婦は上記に加え500~1,000円ほど高いこともあります。

また、当然のことながら業務内容によっても金額変動があるのであくまで目安としてお考え下さい。

家政婦紹介所を通した場合一般には上記に加え「事務手数料」「年会費」「入会金」等が加わり1.5倍程度になることが多いです。

 

家政婦紹介所は料金こそ高くなりますがその品質がある程度保証されていますし、紹介所によっては気が合わない家政婦の交代も受け付けています。

ただ、何かと事務費を取られたり、紹介所に所属するということで融通が利かない場合もあるので注意が必要です。


家政婦契約の種類

家政婦契約は2種類あります。1つは家政婦紹介所と雇い主の間で契約する場合。2つ目は家政婦と雇い主の間で直接契約する場合です。

1つ目 家政婦紹介所と雇い主の間で契約する場合

現在多くの場合はこの形式が採用されています。

 

メリットは

・ある程度品質が保証されている

 

デメリットは

・業務内容の融通が利きにくい

・家政婦を選べない

・料金が高くなることが多い

 

家政婦紹介所のメリットはある程度品質が保証されていることです。これは家政婦紹介所に所属する家政婦が厳選されているからです。

しかし従来の家政婦紹介所のシステムにはデメリットも多数存在します。

 

一つは業務内容の融通が利きにくいということです。

家政婦紹介所の立場から考えるとわかりやすいのですが、家政婦紹介所は業務一つひとつに対し別の値段設定を行っている場合が多く見られます。契約にない業務(例えば次の日の料理も併せて作ってもらうなど)を行うとなるとそれは契約違反扱いとなり違約金が発生することもあります。

 

もう一つは家政婦を選べないということです。

家政婦紹介所は所属している家政婦の都合、守備範囲に応じて家政婦を派遣してきます。これはつまりこちらから家政婦を選ぶことができないということです。最近では家政婦の交代を受け付けている家政婦紹介所も増えてきましたが、実際のところなかなか言いにくいというのもよく聞かれる話ではあります。

 

もう一つは料金が高くなることが多いということです。

 

上の図にあるように一般的に家政婦紹介所を通し家政婦を雇った場合、その給料の中にはマージン(仲介手数料)が含まれます。

わかりやすい例としては「時給3,000円で雇っているけど実際に家政婦がもらっているお給料は時給1,200円」ということがよくあります。それは仕方ないと割り切ったとしても、もっと重要なのは意識の違いが出てしまうということです。雇い主からすれば3,000円支払っているのでそれ相応の働きを期待するのが普通ですが、家政婦からすれば1,200円しかもらえないので1,200円分の働きに甘んじてしまいがちであるということです。

 

このように現在の家政婦業界には効率的とは言えないシステムが多く存在しています。

 

2つ目 家政婦と雇い主の間で直接契約する場合

最近新たに見られるようになった契約形式です。

 

メリットは

・業務内容の融通が利きやすい

・家政婦を自分で選ぶことが出来る

・安く質の高い家政婦を雇うことが出来る

 

デメリットは

・品質が保証されていない

・安全性がやや劣る

 

家政婦と雇い主の間で直接契約するという形式は「家政婦のSERUSAPO」が日本で初めて開始したサービスで、雇い主が直接条件を指定し家政婦を募集することで従来の家政婦紹介所と雇い主との間での契約でのデメリットを克服したものとなっています。

 

もちろんデメリットはあり、品質が保証されていないということが一つ目に挙げられます。これは家政婦紹介所による家政婦の審査がないことが原因であり、雇い主が自身でそれを見極める必要があります。

 

二つ目のデメリットとして、これは一つ目のデメリットとやや被るのですが、安全性が家政婦紹介所を通した契約と比べやや劣るということが言えます。家政婦と雇い主の間で直接契約する場合、そこに家政婦紹介所が介在する余地はないため、家政婦に会った際に身分証の提示を求めるなどの必要があります。しかし実際にところ日本において家政婦による窃盗などはめったにあることではなく、あくまで注意事項として念頭に置いておけば大丈夫でしょう。

 

次にメリットについて見ていきます。

 

一つ目のメリットは業務内容の融通が利きやすいということです。

理由としては家政婦が家政婦紹介所からの制約を受けていないということが挙げられます。雇い主と家政婦間の問題なので、業務として何をしてもらうかというのはあくまで両者間の合意に基づいて決定されます。緊急時も柔軟に対応してもらえるというのはこれ以上ないメリットとなるでしょう。

 

二つ目のメリットは家政婦を自分で選ぶことが出来るということです。

これは家政婦紹介所との比較なのですが、家政婦紹介所を通した契約の場合、先ほど述べたように家政婦を自分で選ぶことができません。一方直接契約の場合雇う時点で家政婦を自身で選ぶことができるため、相性が合わないといった問題が起こる可能性を随分と減らすことができます。やはり自分の家に入れるわけですから、そこは大きな強みとなるのではないでしょうか。

 

三つ目のメリットとして、安く質の高い家政婦を雇うことが出来るということが挙げられます。

上の図は家政婦の個人契約サービスである「家政婦のSERUSAPO」に掲載されている図なのですが、特に注意してみていただきたい部分は家政婦の報酬のところです。従来の家政婦紹介所を通した契約の場合、マージン(仲介手数料)が含まれているため雇い主が払わなければならないお給料は高く、家政婦が実際にもらえる報酬はかなり減ってしまいます。対して個人契約の場合マージン(仲介手数料)がない分雇い主が支払うお給料は少なくて済み、また家政婦からしても家政婦紹介所を通した場合よりもらえる報酬が増えることになります。

 

これはどういうことかというと、確かな技術、知識を持っている質の良い家政婦はより報酬の多い個人契約サービスを利用するということです。技術に見合った報酬をもらいたいと考えるのは当然のことで、家政婦紹介所によるピンハネを避ける家政婦が最近急増しています。こういった理由から安く質の高い家政婦を雇うことが出来るのです。

 


まとめ

家政婦を雇うことは身近になりつつありますが、契約のしくみやお給料を含んだ様々な契約条件をきちんと考えなければいつの間にか損をしてしまっていたということもありえます。

 

まずは家政婦になにをやって欲しいのかを明確にし、どれくらいの頻度で、どのくらいの時間働いてもらうか、また予算はいくらくらいかなど改めて確認してみましょう。

 

それを確認したうえで契約形式はどうするのかを考えましょう。

家政婦紹介所を利用する場合はどの紹介所を利用するのか検討する必要があります。

個人契約の場合、現在存在する家政婦の個人契約サービスは「家政婦のSERUSAPO」だけなので、そのホームページをよく読んで利用しましょう。

 

家政婦のSERUSAPOはこちらから見ることができます。

「家政婦のSERUSAPO」